オンライン英会話スクールの経営とリスク回避

最近ではたくさんのオンライン英会話スクールが存在していますが、正直のところ名前も聞いたことがないようなスクールが多いのが事実です。特に子供に受けさせようと思って探してみても知らないスクールについてはその経営について不安も感じることがあるでしょう。

 

過去にも駅前留学で大ブームを起こした英会話スクール大手が突然閉鎖されて、先払いした授業料が受講者に返されないというような問題が起こったことも記憶にあるのではないでしょうか?そのような事件があると、やはりオンラインでも同じことが起こりかねないので不信感を抱かざるを得ないと思います。

 

オンライン英会話スクールの場合は通学型と違って教室を構える必要がないので、その分低コストで参入できます。その反面、うまくいかない場合は早々に撤退するスクールも多いようです。急な閉鎖に巻き込まれないよう、経営体制についてはある程度調べて納得しておいたほうが安心でしょう。

 

閉鎖に至る理由はさまざまですが、運営が不安定で突然閉鎖してしまう危険性のあるスクールの特徴をご紹介します。

 

閉鎖の危険性が低く信頼できるスクールの特徴

  • 長年運営していて規模の大きいスクール
  • サイトが頻繁に更新しているスクール

 

理由

  • 大手のスクールは比較的資金力があるので、万が一の時のリスクも小さくなります。
  • オンライン英会話スクールは、まだこれから成長していく業界のため、中にはリスクをとって運営しているスクールもあります。
  • やはり大手のスクールの方が安心できます。

 

サイトをこまめに更新しているスクールはしっかりと運営しているスクールと言って良いでしょう。

 

 

運営者情報も確認すると安心です。しかし、表面だけ良いスクールも中にはあります。無料体験などで実際に運営体制を見ることもおすすめします。サイトには、講師がたくさん紹介されているけど、実際には実働していない講師が多く予約できないということもあります。

 

被害に巻き込まれないための自己防衛としては、契約をできるだけ短くしておくことです。長期間のプランを申し込めば割引率が高くなる場合もありますが、万が一に備えて短期間のプランを契約した方がリスクは低くなるでしょう。